ヴァイオリン工房Len......Suzuki Ayako    

アーチの形 bombatura

さて・・・Amatiのアーチは・・・
ふっくら女性的で繊細なラインですね。コーナーが細いから受ける印象でしょうか・・・。
ふっくらとでっぷりでは大分違いますよね。
e0223950_21364245.jpg
[Violin Nicolo Amati 1662]
この写真はRoyal Academy of Music Strings Galleryに所蔵された楽器です。
(ガラスケースにカメラを構えた私が写ってる・・・亡霊じゃありません~)
エッジラインからアーチの立ち上がりが高い!パンパン!・・・だけどエレガント。アウトラインからパフリングまでの幅も狭い、パフリングも細いからですかね。
e0223950_22182176.jpg
e0223950_2218444.jpg

普段よりふっくら作ってみましたが、まだ迷っています。いつもだったら、すっと立ち上がる感じでアーチを仕上げるので、これでも結構勇気が要りました。どうしたもんか・・・。でも、もう少し丸みのある印象に仕上げたいものです。もちろんコピーを作ってるわけじゃないですが、Amatiの持つ丸みのあるアーチに憧れます。
[PR]



by celloloto | 2011-04-27 22:24 |   製作中 making violin

ヴァイオリン製作家 Suzuki Ayako 鈴木郁子
by celloloto
プロフィールを見る

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。