ヴァイオリン工房Len......Suzuki Ayako    

アクシデント(♯`∧´)

しばらく更新していなかったブログですが・・・。
いろいろあったんですょ。
愛情たっぷり、丹精込めて作っているAmatiモデルですが、厚みの確認で板を“軽く”ねじったら

「バキッ」

といや~な音が・・・。
接ぎのすぐ横にうすーく。今までこんなこと一度もなかったので、一瞬目を疑いましたが。
e0223950_157356.jpg

とはいってもこのまま作り続けるわけにもいかず
新しい表板を作り始めました。
接ぎがはがれただけなら、作り直しはしなかったかもしれません。
e0223950_15254738.jpg

毎度作るたびに手放しがたくなる楽器たち・・・子どものようなもんですからね。
でも今回は表板一枚は手元に残せる♪と前向きに考えて
もっといい表板をつくります!

同時にCelloのはっちゃんの改良中・・・
表板の次に裏板を剥がしています。
私の楽器は学生時代に購入したもので、ドイツの工場で生まれたものですが、もう10年以上の付き合いです。一緒に過ごしてきた時間を思うと楽器として不足な点があってもそう簡単に手放せません。そこで箱を開いて表板の厚みを薄くして、バスバーをつけなおしました。昨日表板を接着したので今度は裏板を剥がしています。
ひとつ問題なのは接着剤がにかわではなく白ボンド・・・簡単に剥がれないのでこれだけ剥がすのに一時間かかってしまった。
e0223950_1534581.jpg

[PR]



by celloloto | 2011-06-08 15:37 |   製作中 making violin

ヴァイオリン製作家 Suzuki Ayako 鈴木郁子
by celloloto
プロフィールを見る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。