ヴァイオリン工房Len......Suzuki Ayako    

<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧




塗装法① Verniciatura

『ストラディヴァリの秘密』という本をご存じでしょうか?
楽器製作家であれば、「存在を知っている」「読んだことある」・・・という人がほとんであると思います。「ストラディヴァリ・・・・って誰?」って方もきっといらっしゃいますよね?ストラディヴァリは17世紀のイタリア・クレモナで楽器をガンガン作り、ガンガン売っていた超売れっ子の楽器製作家です。
当時から既に評価が高く、現在ではもっと評価が高い・・・。ストラディヴァリ1台で家が購入できるほどの値がついていたりします・・・!今では楽器そのものの評価+骨董品としての価値がついています。
とまあ、ここまで評価が高いのも、ストラディヴァリの木工技術の高さ、ラインの美しさ、ニスの美しさ・・・もちろん音響的にも優れているということで、みな血眼になってその「ストラディヴァリの秘密」を解明しようとしているんですね。
こうやって生まれたのが『ストラディヴァリの秘密』です。著者はサッコー二さん。そこで、私はニスの章を少しずつ訳していこうと思います。現在、英訳、独訳、中国語訳があるみたいですが、みんな微妙に訳の解釈が違うようです。その原因はサッコー二さんの独特なイタリア語・・・みたいです。友人のイタリア人でも「古めかしい言い回しで分かりにくい」とのことでした。
・・・・というわけで、大意で、でもサッコー二さんの意図したことから大きく離れないように、訳していきたいと思います。

ストラディヴァリの秘密 12章 ニス~ ①
 
 ストラディヴァリの楽器を覆うニスは、透明度が高く反射に富むことから特別な美しさを生み出しています。後世においてそのニスを再現することが出来なかった為に、楽器製作家たちや愛好家たちの間で大いに想像をかき立たせてきました。しかしながら音との関係性について解明を試みるも、誰も構造的に再現することはできませんでした。いかさまな錬金術によるようなニスをオリジナルであると信じ込まされたり、終には“知りえること無い秘密”であるなどと神話が生まれるなど、見当違いで可笑しな仮説が現れました。多大な労力が解明の為に捧げられました。

 秘密と言われるのは、ニスの素材を分別できず、ニスの素材を組み合わす能力に欠けていたからです。その秘密のニスとは1500年代前半にクレモナで既に使用されていた『クレモナ・アンティーク・ニス』であり、1700年代後半までにおいては、多くの製作家たちの間で良く知られていました。しかしガルネリ・デル・ジェズ(b 1698 ; d 1744)以降になると、ニスの質は落ち、より濁り、完全に違う構成のものが現われました。またジョバン二・バッティスタ・グァダニーニ(b 1711 ; d 1786)も父親のロレンツォがクレモナ・アンティーク・ニスを使用していた為に、良く知っていたはずにも関わらず、時々使用する程度で他のニスの使用へと変えていきました。そうして新しいニスが突如現れたことでクレモナ・アンティーク・ニスは忘れ去られていったのです。
[PR]



by celloloto | 2011-02-20 00:52 |   ストラディヴァリの秘密 

ドイツ ヴァイオリン製作学校 Mittenwald

2004年の夏に、クレモナからイタリアの電車Trenitaliaの鈍行で7時間かけて、ブレシアBresciaを経由して、トレントTrento、ボルツァーノBorzanoの山々を越え、オーストリアのインスブルグInnsburgと、ドイツのヴァイオリン製作学校があるMittenwaldに行きました。
Innsburgの13km東に位置するAbsamという村ではJacob Stainer(bc1617;d1683)という有名なヴァイオリン製作家が生ました。2003年にはStainerの展示会もありました。

ドイツでの目的①
      ミッテンヴァルド楽器技術者養成学校のヴァイオリン製作コースの見学

ドイツ人の友人の案内だったからなのか、ヨーロッパの人々は心が広い・・・というか大らかというか・・・突然の訪問だったのにも関わらず外国人の私を入れてくれました!めったに学校の内部を見れることはないと思いますのでここで少し紹介します。
e0223950_14545068.jpg

大きな教室で約20人前後の学生さんが作業しています。真ん中には作業中の楽器が置ける棚がありました。

e0223950_1457617.jpg

生徒さんの作業台はみんな窓際に並んでいて、外の山々の空気を吸いながらの作業はとても気持ち良さそうです・・・!窓が大きい!!!

e0223950_14585435.jpg

ここの学生さんは人生で初めての楽器作り・・・とは言っても、3台の楽器を同時に作り進め技術習得を目指していました。作業の姿勢は、キッチリ、カッチリ、数値道理に・・・という感じで、ドイツ人の几帳面でまじめな特徴が良く出ている学校との印象です。
私はイタリアで製作を学んでいるので、ここでの"確実な技術習得"というものへの憧れを感じるとともに、イタリアの自由で発想豊かなスタイルを重視する楽器作りというものへの愛着を感じつつ・・・学校を見て回っていました・・・

e0223950_15121612.jpg

ここはニス室です。
e0223950_1514353.jpg

いっぱい楽器が並んでいます。
e0223950_15161160.jpg
白木で上がった楽器がニス塗りを待っています・・・。

ドイツでの目的② 木材購入e0223950_15231278.jpg

"安価でいかに良い木を選べるか!!?"が当時の私のテーマ・・・・、真剣です!私の後ろに見えるこれらの木の山々・・・一枚一枚丁寧に①木目の詰まり具合②木取りは正しいか③杢は美しいか・・・・などじっくり見ていくと時間がいくらあっても足りません・・・・!!
あ~、でもMittenwaldは木材選びの天国でした~❤
[PR]



by celloloto | 2011-02-11 15:40 |   ドイツ Germany

クレモナ Cremona  屋根から見た風景

e0223950_2251961.jpg

e0223950_2294316.jpg

e0223950_2212398.jpg

e0223950_22162081.jpg

e0223950_22103772.jpg

[PR]



by celloloto | 2011-02-05 22:16 |   クレモナ Cremona

クレモナCremona 国際弦楽器製作学校I.P.I.A.L.L

噂のドラえもん(まじめな時・・・)がクラスメイトのルートゥにアドバイスしています
e0223950_2195656.jpg
▲Giorgio Scorali
e0223950_21143147.jpg
教室の中の様子 みんなもくもくと作業してます~
e0223950_21162485.jpg

e0223950_21181094.jpg
クラスメイトの嬉しそうな笑顔!
早いもので、私がこの学校を卒業してもう6年も経ってしまいしました。その間にこの学校も移転が決まり今ではこの教室は使っていないようです。うーん、残念です。
クレモナ国際弦楽器製作学校I.P.I.A.L.L
e0223950_1462879.jpg
2005年卒業式

[PR]



by celloloto | 2011-02-05 21:21 |   クレモナ Cremona

修理楽器

Camillo Camilli (bc 1704; d 1754) Mantua
e0223950_23185784.jpg

Adamさんの工房で所有するCamillo Camilliの作品です。
Camillo Camilliという作家は・・・

More
[PR]



by celloloto | 2011-02-02 23:03 |   世界の銘器

マエストロ London

e0223950_152930100.jpg

ロンドンにて修理・修復技術を学びました。
ヨーロッパより日本に帰国して丸3年が経ちますが、毎年1回ロンドンで先生の仕事のお手伝いに行かせてもらっています。

Adam Whone
アダム ウォーン
e0223950_15394836.jpg

オールドと言われるとても高価な楽器達を扱う、ロンドンで5本の指に入る一流職人です。人柄は穏やかで謙虚。職人として楽器に向かう誠実な姿勢を学ばせていただいています。
AdamさんのHPは こちら★
[PR]



by celloloto | 2011-02-02 15:39 |   師匠 マエストロ maestro

マエストロ mio maestro della scuola

Cremona、I.P.A.L.Lにて
e0223950_1457452.jpg


Giorgio Scolariジョルジョ スコラーリ

クレモナの国際バイオリン製作学校でお世話になった先生です。副校長でもあるマエストロジョルジョはとても忙しく、常に学校中を歩き回っていました・・・・。
それでも、学生との交流を大切にしてくれて、夏休み前や冬休み前にはピザをクラスの皆で食べに行ったり、講義後にみんなでワインを飲みに行ったことも・・・・069.gif
いたずら好きのマエストロには本当に驚かされました。作業もひと段落し、休憩に出て教室に戻って来てみると・・・
バイオリンの真ん中に釘が刺さってた・・・!なんてことも!!!
プライベートもとことん大事にするマエストロは、合唱団の指揮をしていて、指揮棒を振るその姿がとても愛らしく学生からは “ドラえもん”と呼ばれてました!
[PR]



by celloloto | 2011-02-02 15:05 |   師匠 マエストロ maestro

マエストロ mio maestro dopo la scuola

e0223950_10492982.jpg
Roberto Marucciロベルト マルッチ

彼から工具の扱いのゼロからバイオリン製作を学びました。
クレモナの国際弦楽器製作学校に昼間通い、放課後にロベルトのところへ通わせてもらっていました。
厳しい指導で、怒られてばっかりでしたが、そのおかげで多くの事を学ばせて頂きました!

ナポリ出身の彼の目指す楽器製作とは・・・クレモナの伝統にこだわらない、オリジナルのアウトライン!Strad(ストラディバリ:1644?~1737 クレモナで活躍した名作家) のモデルを発展させ、より丸いラインを描き、アーチはエッジからの立ち上がりがはやく、ふくよかで温かい音を彷彿とさせる彼の楽器が大好きです。
音も高音がキラキラ☆、遠くまでよく響くきます♪
[PR]



by celloloto | 2011-02-02 14:08 |   師匠 マエストロ maestro

ロンドンにて その①

ロンドンで修行時代・・・
クレモナで楽器製作を学んだ後、ロンドンで楽器修理・修復の修行にしばらく行っていました~!月~金は9:00~18:00まで工房で過ごし、家に戻ると素敵な月が私の心を癒し・・・土日は外に出て公園でゆったりしていました!ロンドンってど都会なのに、公園があちこちにあるんですね。
街中ではさまざまな美術館、博物館があります。私はターナーが好きなのでTate Britainがお薦めです!!!

ロンドンの美術館Tate BriteinのTurner collectionは こちら
e0223950_12533687.jpg


アパートの窓の外☽



e0223950_131646100.jpg


アパートの窓の外☂
やっぱりロンドンは雨がしょっちゅう降ります~
とは言っても一日中降り続けてジメジメしてたってことはなく、雨が空気を洗ってくれるので、心地いいです♥



ちょっと外を歩けば都会のど真ん中に・・・

e0223950_13262924.jpg




[PR]



by celloloto | 2011-02-02 13:17 |   ロンドン London

ヴァイオリン製作家 Suzuki Ayako 鈴木郁子
by celloloto
プロフィールを見る

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。