ヴァイオリン工房Len......Suzuki Ayako    

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧




ドルチェ・アッテーザ dolce attesa (伊:出産を待ちわびている感じ)

楽器をキレイに磨いたので、ニス塗り前にしばらく日陰干しにしています~
e0223950_1410682.jpg

楽器を磨く際によく使うものは・・・・
砥草!

自宅の庭に生えてます・・・。道端でも簡単に手に入るこの砥草、stradivariも使っていたようで、『ストラディヴァリの秘密』という本では"asprella"との記述があります。同様に紹介されている“目の細かい魚の皮”から、以前はサメの皮を使っていたことがありますが、皮だけをキレイに剥ぐことが難しく、作業中に魚のにおいまみれになってしまう・・・(><)!今回は手に入らなかったこともあって使いませんでした。
e0223950_1410265.jpg

この青々しい砥草、もちろんこのまま使えません。
e0223950_14104217.jpg

摘んで、乾燥させました。
e0223950_1411228.jpg

それを、水に浸して柔らかくなったところを、堅い板などに挟んで研磨作用のある部分を広く使えるようにします。
e0223950_1411206.jpg

こんな感じで磨けます。この作業は、あくまでも表面を滑らかにする程度のものなので、“研磨しながら形を整える”ためではありません。前段階ではスクレーパーでの整形をしっかり済ませておきたいですね。
e0223950_14332765.jpg

以前に作った、ニスです。
今回は口の狭い瓶に保管していましす。去年、夏の暑い盛りに、ニスを口の広い大きな瓶に保管していたら、ニスのアルコール分がすっかり飛んでしまったんです(ToT)!!
そういうわけで、長い期間ニスを保管する時は、口の狭い瓶を使うといいと思います!
[PR]



by celloloto | 2011-07-24 14:42 |   製作中 making violin

やっとネックがつきました ~mia principessa!!!~

たいして雨が降らないまま梅雨があけました~(><)
カラッとしてていいんですが、暑い・・・・

暑くてパソコンを開く気にもならず、全く更新ができないまま
白木ヴァイオリン完成・・・・!
e0223950_1685354.jpg

やっぱりAmatiモデル・・・丸くて、可愛らしい。私にとっては姫も同然ですね!

e0223950_1712444.jpg




魂柱はいつも割り材から作ります。
繊維を確認して、その繊維方向にまっすぐに鉋で削っていきます。

四角柱
 ↓
八角柱
 ↓
十六角柱
 ・
 ・
 ・
紙やすりで整えて
完成!


表板から受けた振動を裏板に伝えてくれる大事な役割の魂柱ですから、繊維がまっすぐで、ある程度乾燥した木材を使いたいものです。
[PR]



by celloloto | 2011-07-15 16:20 |   製作中 making violin

雨☂ふってくれ~

だいぶ頭がもうろうとしながら作業しています・・・
やっとbassbarが接着、成形終了~060.gif
f字孔切り出し終了
e0223950_14585523.jpg
双子♥ 左がちょっとお姉さん。妹の方が少しスリムですね。アーチの形が少し違うからf字孔の見え方が違います。
表板厚み出し終了
e0223950_1533344.jpg
bassbarの接着面合わせに苦労しないように、表面をきれいに整えます。
e0223950_1591578.jpg
やっと!
[PR]



by celloloto | 2011-07-01 15:11 |   製作中 making violin

ヴァイオリン製作家 Suzuki Ayako 鈴木郁子
by celloloto
プロフィールを見る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。