ヴァイオリン工房Len......Suzuki Ayako    

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧




真夜中の・・・

2012.2.29
e0223950_23112066.jpg

Amatiモデルのアウトラインをヤスリで仕上げています。
アウトラインを決めるまで、いつもすごく時間がどうしてもかかります。前から、裏から、逆さにして・・・と、集中してラインばかりをずっと見つめていると、だんだん何がなんだか分からなくなったりします。「これでよし!」と、その時は思っても、次の朝見てみたら「ん??」なんて事も・・・。まるで真夜中に勢いついて書きあげた手紙・・・(ちょっと違うかな?)。

sto sistemando la linea per violino del modello Amati con delle lime. ogni volta ci vogliono tante ore prima di decidere la linea che mi piace. guardando la linea davanti e dietro, cosi osservo attentamente la linea, mi confuso e comincio a non capirla piu'. anche se penso che sia " bello!" ma il giorno dopo potrebbe essere " brutto".come se avessi scritto una lettera a notte tarda.....(?).

e0223950_2338286.jpg

さて・・・明日の朝どう思うか・・・。
学生の時は、アウトラインなんて、楽器の音に関係ないんだからここまでこだわらなくても・・・と思ったこともありました。でも今は、これこそが楽器製作家の心意気ってもんだ!と思います。
こだわった分、可愛くてしかたなくて、そしてその細部に思いが表れてきます。
やっぱり、可愛い娘です~(^^)♪♫♬

e allora come sara' domattina...
una volta pensavo che la linea del violino non centrasse niente con il suono. pero' ora credo che sia molto importante avere la linea bella che si vede il mio pensiero.
diventa sempre piu' carino e cosi posso esprimere me stessa tramite il violino.
e' proprio la mia principessa come sempre.

[PR]



by celloloto | 2012-02-29 23:55 |   製作中 making violin

C'e' legno, C'e' speranza!


2012.2.17
e0223950_22282287.jpg

寒い夜にこそ、荒削りですね!
大雑把にアーチの形に丸のみで削ります。
学生の頃に削りすぎないようにと慎重に作業をしていた時に、マエストロに
"C'e' legno, c'e' speranza!!” 
(直訳「木が残ってれば、希望はある」、削りすぎるよりはましだよね。ってことですよね。)
と言われました。
慎重過ぎて大胆に削れないから、どうしても木が残りずぎちゃうですよね。

e' meglio sgrossare a notte quando fa freddissimo!
sgrosso con sgorbia.
qunado sgrossavo a scuola, ero attentissima per non togliere troppo legno cosi maestro mi aveva detto spesso:
" C'e' legno, c'e' speranza!!"
e0223950_22301534.jpg

やっとここまで!
Finalmente sono arrivata questo punto...
[PR]



by celloloto | 2012-02-17 23:19 |   製作中 making violin

チェロの中。


2012.2.2

ここでまたクイズ。
次の①②のうち、どちらが正しく魂柱が立っていると言えるでしょう。
(簡単で、ごめんなさい・・・)
e0223950_23113874.jpg

まず①は、
e0223950_23125335.jpg

上の写真からは、もちろん隙間があるかどうかまで判別できません。すいません・・・。
①の状態の(斜めに立っている、隙間がある)ようでは、弦から受けた振動を楽器全体に伝える事は難しいでしょう・・・。

そして②は、
e0223950_2318143.jpg

ブロック材を目印に平行で真っすぐに立っています。
またただ立ってればいいだけではなく、(1)手前も後ろ側も隙間なく表板、裏板にしっかりfitしているのか、そして何よりも大事なのが、(2)駒から受ける圧力に釣り合うテンションで立っているか・・・。ここは職人の腕の見せ所ですね!それ次第で伸びやかに箱全体が鳴る楽器になるか、締め付けられるような音しかしない楽器になるか。
(※もちろん、正しい位置に立っていることが大前提です。それは、箱の全長から割り出した駒位置と、バスバー位置から決めます。)

楽器が鳴るか、鳴らないかはセットアップで大きく変わりますよ~!!!
値段の安い楽器か、高い楽器かなんて、全く関係ありません!!
[PR]



by celloloto | 2012-02-02 23:27 |   いろいろ

ヴァイオリン製作家 Suzuki Ayako 鈴木郁子
by celloloto
プロフィールを見る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。