ヴァイオリン工房Len......Suzuki Ayako    

<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧




マエストロ 工房実習 maestro di tirocinio


Silvio Lavaggi シルヴィオ レヴァッジ
e0223950_0362083.jpg
2012.10撮影             

学校卒業後、工房実習をさせて頂きました!(2005年の話です)

私がクレモナの学校に在籍していたころ、学校を卒業した後は工房実習が授業の一環として組み込まれていました。とは言っても、学校は生徒の為に実習先を探してくれる訳ではないので、生徒自身が実習先を探さなくてはいけません。誰に習うか・・・というのはとても重要で、その後の製作人生において、工具の扱いに留まらず、楽器に対する考え方が形成されてしまう・・・。私はそう考えていたので、とても慎重になる選択です。またこちらが実習を希望しても、受け入れてもらえない事もあるので、早いうちに実習先確保に動き回らないとライバルに先を越されてまいます(><)。( 注:最近はこの制度はなくなったそうです。 )

マエストロはとても温厚で、静かな方でした。
なるべくなるべくマエストロの静かな時間を邪魔する事のないように・・・・と緊張していました。そのため頭をフル稼働して1人で乗り切れるところまで作業をやり切って、やっと質問する・・・というような方法で実習期間を過ごしたので、濃密な時間を過ごせました!
あの集中力・・・。
やはり作業は無駄口叩かず静かにするものですね・・・・。
マエストロが静かに作業に没頭している空気感は、適度な緊張感の中でとても心地いいものでした。

数々のコンクールで入賞をし続け、まだまだその気概は衰えていない・・・。
いい加減、若い世代に譲っていただいても・・・・なんて声も聞こえてますよ(笑)、マエストロ!
一度マエストロに
「何故ここまでコンクールに勝ち続けてもなお、コンクールに挑戦するのはどうしてですか?」
と聞いたら、
「より多くの人に自分の楽器を知ってもらいたいし、参加する事で更に触発を受けたいから」
と仰っていました。
前回の2012 Triennaleにも参加する予定だったマエストロ・・・。(実際は様々な他の仕事との兼ね合いで提出日までに間に合わなかったそうです。)
凄すぎる・・・。

e0223950_1312993.gifマエストロのHP
[PR]



by celloloto | 2013-02-05 01:09 |   師匠 マエストロ maestro

La mia Viola

2013.2.4

Viola製作始めました!

( C'e' qualcuno che legge il mio blog in Italiano? e' stancante tradurre dal giapponese all'italiano,eheh....beh, faro' massimo possibile...anche per me...e' bellissimo esercizio...)
Ho iniziato a costruire una viola!

e0223950_2371422.jpg

まずテンプレート作りから・・・
出来上がりのアウトラインのテンプレート(透明プラスティック板3mm厚)を作ってから、それを元に内側のテンプレート(アルミ板1.5mm厚)を作ります。
内側テンプレートは、アウトライン・テンプレートよりも、横板の厚み+アウトラインまでの縁幅を引いた大きさなので、一回り小さくなります。

Prima di tutto, inizio a costruire il modello esterno. dopo l'aver finito, finalmente posso costruire il modello interno utilizzando il modello esterno. il modello interno deve essere piu' piccolo del modello esterno...devo eliminare larghezza che fanno le fasci e il contorno.
e0223950_2373039.jpg
e0223950_2374196.jpg

コーナー部分に関しては同じ幅マイナスすればいいだけでなく、横板が重なりあう厚みと、その際にきれいなカーブを描けるように整形しないといけません~。
ちなみにモデルはBrother Amatiのc.1620です。Amatiの丸みを帯びたアウトラインは本当にエレガントです!

le punte non sono semplicemente togliere l'arghezza delle fasci e del contorno. bisogna eliminare un po' di piu' immaginando che le fasci doppiano.
a proposito, il modello e' di Fratelli Amati di c.1620.
la linea della scuola Amati fa lotonda ed elegante!

[PR]



by celloloto | 2013-02-04 23:20 |   製作中 making violin

ヴァイオリン製作家 Suzuki Ayako 鈴木郁子
by celloloto
プロフィールを見る

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ