ヴァイオリン工房Len......Suzuki Ayako    

ロンドンにて その①

ロンドンで修行時代・・・
クレモナで楽器製作を学んだ後、ロンドンで楽器修理・修復の修行にしばらく行っていました~!月~金は9:00~18:00まで工房で過ごし、家に戻ると素敵な月が私の心を癒し・・・土日は外に出て公園でゆったりしていました!ロンドンってど都会なのに、公園があちこちにあるんですね。
街中ではさまざまな美術館、博物館があります。私はターナーが好きなのでTate Britainがお薦めです!!!
ロンドンの美術館Tate BriteinのTurner collectionは こちら
e0223950_12533687.jpg


アパートの窓の外☽



e0223950_131646100.jpg


アパートの窓の外☂
やっぱりロンドンは雨がしょっちゅう降ります~
とは言っても一日中降り続けてジメジメしてたってことはなく、雨が空気を洗ってくれるので、心地いいです♥


ちょっと外を歩けば都会のど真ん中に・・・

e0223950_13262924.jpg




[PR]



# by celloloto | 2011-02-02 13:17 |   ロンドン London

コンクール(2010Mittenwald) 

e0223950_12283676.jpg
2010年Mittenwald 国際バイオリン製作コンクールに参加しました
violin making competition in Mittenwald 2010
選考の結果100台が入選、そのうちの18位でした★

コンクール結果は こちら です。

①正面



e0223950_1232210.jpg


②ネック正面

e0223950_0284975.jpg

                         ▲いつもながらコップの上に乗せて写真とってます~
③アーチ

おそろしくトラ杢の少ない楽器ですね~!!
見て分かるでしょうか・・・?この楽器の裏板のアーチはスタンダードのアーチ(クレモナの学校では16~15mmで作ることが多かったように思います。)よりとても低く13.5mmです。この材を手にした時既に薄かったので、アーチの低い楽器がどのように響くのか知りたかった、という理由もあって作った楽器です。結果は今までの楽器に比べ音量の大きい、反応の早い楽器になりました。もちろんその要因がアーチの高さだけに所以するわけではないんですけどね。


e0223950_0224958.jpg

コンクールでの展示会の様子(・・・・平塚さん、写真とってきてくれてありがとうございます!!)

e0223950_12445649.jpg

[PR]



# by celloloto | 2011-01-30 00:36 |   コンクール competition

■自己紹介■

e0223950_1214712.png

e0223950_23361921.jpg
2005 toscana


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2001年1月~2007年9月
 イタリア・クレモナ市にある国立国際弦楽器製作学校(I.P.I.A.L.L)卒。在学中にPier Luigi Aromatico、GiorgioScoraliに師事。学外ではRoberto Marucciの元で工具の扱いのゼロからヴァイオリン製作の全てを学ぶ。卒業後はSilvio Levaggiに師事。ロンドンにてAdam Whoneのもとで修理を学ぶ。

2007年9月
 日本に完全帰国。東京都渋谷区にある音楽院にて3年間楽器製作コースにて製作指導。

2011年4月
 独立、製作活動に集中。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在・・・・
東京と東北・青森県弘前市
 を中心にヴァイオリンをはじめとする弦楽器の製作販売、修理、調整等をしています。お気軽にお問い合わせください。 
こちらまで★

弘前にて :
VIVA 10月号・・・工房を紹介していただきました 2013.10
東奥 こども新聞・・・工房を紹介していただきました 2013.9
月刊「弘前」4月号(405号)・・・男⇔女リレー随想で『クレモナ』 2013.4
アップルウェーブ・・・津軽いじん館に出ました 2012.6.28
東奥日報 ニュース 
・・・ 工房を紹介して頂きました 2012.4.28


I was graduated from violin making school (I.P.I.A.L.L)in Cremona 2005.
Mi sono laureata I.P.I.A.L.L nel 2005. ho imparato a costruire il violino da Giorgio Scorari, Roberto Marucci, Silvio Levaggi. dopo essere laureata, sono andata a Londra per imparare restauro da Adam Whone.

e0223950_12411242.jpg
▲卒業証書




e0223950_14442986.gif

[PR]



# by celloloto | 2011-01-02 21:30 | プロフィール

■連絡先■

青森県弘前市と東京
celloloto@hotmail.com


お気軽お問い合わせください 055.gif
返事が遅い場合はメールが届いていない時もありますので、再度メールいただければありがたいです。







…………………………………………………………………………………………………………
[PR]



# by celloloto | 2011-01-02 20:56 | 連絡先 Contact

ヴァイオリン製作家 Suzuki Ayako 鈴木郁子
by celloloto
プロフィールを見る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。